仙台牛について

宮城県で生産されている、和牛(黒毛和種)のなかでもA-5と呼ばれるランクの中で最高の牛だけが仙台牛(銘柄牛)として認められます。

牛肉の部位について

牛肉の格付ポイント
A・B・Cは歩留り階級になります。
肉質を1~5で表し、最高のお肉はA-5ということになり、その中でも優れた物が銘柄牛として出されています。

1.クラシタ
サシの入りは良いが、チョット硬めなので、うす切りにしたすき焼き用などで良く売れています。
2.ザブトン
決めの細かいサシが入り、とても柔らかく味も良いです。
3.リブロース
サシの入りがよく柔らかく味も良いです。すき焼きにしてもおいしいお肉です。
4.サーロイン
ステーキなどによく使われる最上級のお肉です。柔らかく味もバツグン。
5.ランプ
サシは入らないが柔らかく味も良いです。
6.イチボ
ももの部分の中で最も味の良いお肉です。
7.ヒレ
各部位の内で最も柔らかいお肉です。
8.内もも
赤身肉でサッパリした柔らかいお肉です。
9.トモ三角
きれいなサシが入り、味も良いです。
10.シンシン
赤身肉で柔らかく味も良いです。
11.そとはら
脂肪が多く、硬めのお肉ですが、味は良いです。
12.ミスジ
きれいなサシが入り、味も良いです。
13.三角バラ
カルビとしては最高の部位です。

セリの様子

仙台の牛肉市場の様子

仙台の牛肉市場の写真です。
つきに2回前後のセリが行われます。

100頭以上出品される牛の中で、チャンピオン牛(名誉賞)や準チャンピオン牛(優秀賞)は3頭程しか出ません。

その牛を組合員がセリ落としていきます。
当店ではそのチャンピオン牛や準チャンピオン牛を仕入れ・販売させていただいております。